john-mark-smith-9QTQFihyles-unsplash.jpg
apple-touch-icon-76x76のコピー.png

カテゴリー:イベント

弘田陽介さんご講演

​「いま、子育てどうする?

~未来に向けたユニーク教育論

終了

終了​

  「子どもの不安やストレスをどう取り除いたらいいでしょう」「自宅学習でつまずいています」「子どもの社会性が育たないのが心配」「親も疲れてきました」・・・・。

 

 「海外こころのヘルプデスク24時」には、連日このような子育てに関するお悩みが寄せられます。未曾有の経験をしている私たち。混乱しない方が不自然というものです。先の見えない時代に急速なAI化が押し寄せて、その波に飲まれそうになりながらも、お一人日お一人が、必死に手探りで家庭教育をしてこられている、そんな印象を受けます。

 そこで、ヘルプデスクではこの度『いま、子育てどうする?ー感染症・災害・AI時代を親子で生き抜くヒント集35』(2021年、共著棚沢明子氏)を出版されたばかりの弘田陽介さんををお招きし、今のこの時代に指針となる教育についてご講演をしていただきました。弘田さんは大学で教育学を教えつつ、ご自身も3人の子育て真っ最中のパパさんです。だからこそ、理想論で終わらない「今、現在」できる子育てのヒントをたくさんお持ちです。

 弘田さんのすごいところは、実践的な「こうしたらいい」ということを取り上げつつも、それが小手先のハウツーにならずに、もっと根本を見据えた答えを出しているところです。日本の教育は現在、激動の時期を迎えていると弘田さんはおっしゃっています。日本で言われている「新しい教育の価値観」とは何なのか。また、問題になっている子どもの「AI読み」とは? 教育界も揺れる中で、家庭でできることが必ず将来を切り拓くのに役に立つはず。これからどうやって子どもを育てていけばいいのか?という問いに、単なる処世術ではない答えを出す弘田さんは、未来を創る大きな展望を見据えています。

 

 不確かな時代を親子で生き抜く中で、親も試行錯誤するのはあたりまえ。だから迷ってもいいし、完璧でなくていい。悩みながら、子どもと共に親も育っていく、そんな共育のあり方を見ている弘田さんの目は優しいです。

 

 『いま、子育てどうする?』の他にも『電車が好きな子はかしこくなる』『キッズ・ミート・アート 子どもと出会い、すれ違うアート』など、ユニークなご著書をお持ちの弘田さん。今回は海外在住者向けに、特別に60分のご講演を行なっていただきます。

 開催にあたり、弘田さんのご好意により皆様から頂きました参加費を「海外こころのヘルプデスク24時」をヘルプデスクへご寄付いただき、活動運営費として使わせていただくこととなりました。

 

 当日参加が難しい方向けに、録画の購入も行なっていただけます。事前購入と事後購入のどちらも可能ですので、お時間が合わない方もアクセスしていただけます。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。

おもちゃ

日時:

日本時間

2021年5月29日(土)

21:00pm-22:45pm

場所:

Zoom上のオンライン会議室

参加費:

2000円

(「海外こころのヘルプデスク24時」の2021年度運営費として使われます)

録画をご購入いただけます。以下からお申し込みください。

プログラム

21:00  はじめに​​

21:05  ご講演

22:05  交流会 ドリンクとお菓子のご用意はできませんが、おもてなし気分で開きます。

22:45  終了。

​お申し込み上のご注意

※時間は日本時間です。

※申し込みをされた様のご都合によるキャンセルのご返金はできかねます。

※イベント当日はご講演部分のみ録画をさせていただきます。当日お時間が合わない方は講座録画の視聴(2000円)も可能です、その際はお申し込みの際に録画希望とご選択ください。

※交流会はオフレコになります。

講演者​

弘田陽介(ひろた ようすけ)

 大阪市出身。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了(教育学博士)。日本学術振興会特別研究員、関西大学PDフェロー、徳島大学総合科学部助教、大阪城南女子短期大学専任講師、大阪総合保育大学大学院児童保育研究科・准教授を経て、現在、福山市立大学教育学部児童教育学科教授。 日本保育学会、アートミーツケア学会、教育哲学会、教育思想史学会会員。 専門はドイツ教育思想(18世紀後半~、カント、啓蒙主義、神秘主義)、実践的身体教育論(整体、武術、プロレスなど)、子どもと保育のメディア論(アートや鉄道趣味など)。 著書として、『近代の擬態/擬態の近代』、『子どもはなぜでんしゃが好きなのか』の他に、『これは教育学ではない』(冬弓舎、2006)、『教育文化論』(放送大学、2005)にも寄稿。日経Kids+や毎日放送「ちちんぷいぷい」、朝日放送「キャスト」などでは独自の鉄道文化論が紹介されている。

 近著に『いま、子育てどうする?』(彩流社)、『電車が好きな子はかしこくなる』(交通新聞社)。

スクリーンショット 2021-04-22 13.05.01.png

司会進行

秋田まき(あきた まき)

 メキシコ在住。海外生活・国際恋愛専門カウンセラー、

「海外こころのヘルプデスク24時」発起人。

京都大学教育学研究科博士課程修了・博士号(教育学)。駐在員家庭に育ち、留学・国際結婚を通じてオランダ・フランス・メキシコで暮らす。メキシコシティ日本人学校元スクールカウンセラー。海外在住者へオンライン心理カウンセリングを行う傍ら、2018年6月に非営利相談機関「海外こころのヘルプデスク24時」を立ち上げる。

 

海外生活・国際恋愛専門カウンセリング

https://www.kaigaisoudan.com

開催日  日本時間 2021年5月29日(土)​ 21:00pm-22:45pm​

場所   Zoom上のオンライン会議室​​

参加費  2000円(日本の銀行振込もしくは、参加申し込みと同時にPaypalでのお支払いになります。)

対象   ご興味のある方はどなたでも

主催   非営利相談機関「海外 こころのヘルプデスク24時」

ご注意

  • お申し込みいただいた方に、当日のミーティングURLをお教えします。

  • 参加者様のご都合によるキャンセルのご返金はできかねます。ご了承ください。

  • ​Zoomが不安な方のために、当日10分前から会議室をオープンにします。

  • 開始後はZoomの操作についてのお問い合わせにはお答えできません。

  • 途中参加、途中退出は自由です。