​海外こころのヘルプデスク24時について

 「海外こころのヘルプデスク24時」は、海外在住者と渡航前・帰国後の方のこころのケアにとりくむ海外在住者もしくは海外経験者により運営されている、ボランティアの非営利相談機関です。

 日本では市や厚生省、行政の相談窓口や、民間でも「いのちの電話」「チャイルドライン」などこころの相談機関は豊富ですが、海外在住者が時差を気にせずにアクセスできる場所は限られます。海外で今つらい思いをしている方に、金銭的負担をかけずに手を伸ばしていただきたいという思いで、代表である心理カウンセラー秋田まきの呼びかけにより2018年に相談活動を開始しました。

 「助け合いのグローバル・ネット」をモットーにオンライン相談デスクを設置し、「傾聴」活動を行なっています。その他、海外在住者の声を集めるアンケートや、海外在住者をエンパワーするためのイベント・講座などさまざまな活動を行なっています。

 「海外こころのヘルプデスク24時」は、いかなる宗教団体、宗教活動とも一切関係ありません。

 「海外こころのヘルプデスク24時」は、現在ではオンラインに拠点を置いています。オフラインでの団体化をさまざまに模索してきましたが、残念ながら現段階では団体設置に至っていません。しかし、近い将来に活動の拠点をしっかりと持ち、最終的にはNPO法人化することを目指しています。

 世界各国にボランティア相談員が20名以上在籍する非営利相談機関として、毎月の相談員会議と研修・勉強会を継続的に行っています。また、Zoomとメールを合わせて毎月25件以上のご相談を承る、責任ある相談活動を行なっております。

 

​ミッション

 「海外こころのヘルプデスク24時」のミッションは、海外在住者や渡航前・帰国後の方のための日本語のセイフティ・ネットを作ることです。

 海外こころのヘルプデスク24時」に寄せられるご相談はさまざまですが、共通しているのは、お話される方が「孤独」を感じているということ。ヘルプデスクには長い間孤独を抱えてきた方の通話があることが多く、お話するなり涙で声にならない場合や、お話が長時間に及ぶこともしばしばです。

 日本であれば公私の相談機関があるようなケースでも、ひとたび海外に出れば、相談先があるとは限りません。海外で言葉の壁があると、現地のセイフティ・ネットからもとりこぼされます。このように、とても脆弱で不安な状況で暮らしている海外在住者が、多くいます。

 ヘルプデスクは、相談員が、お話を「傾聴」することをしています。「傾聴」とは、お話する方をジャッジせずに、気持ちに寄り添って心から耳を傾ける聞き方の手法です。「眠れない」「日本語で話しない」などの気軽な動機からお話いただくことで、深い孤独に追いやられるこころの危機を、一人でも未然に食いとめたい。そのような思いを抱いています。

 海外在住者同士をつなぐコミュニティは増えているとはいえ、こころのセイフティ・ネットに足るものはまだまだ不足しています。たとえば、DV(家庭内ハラスメント)を受けていたり、海外でアルコール依存症に直面したり、海外で発達障害に気がついたりした場合でも、日本語で参加できるピアサポート(自助)グループは限られます。

 

 私たちは今後、このような小さなコミュニティをオンラインで作っていくことで、草の根のセイフティ・ネット構築を一つ一つ積み上げていくことを意図しています。

 

 海外に住む日本人は現在135万人に達したそうで、今後も増え続けると言われています。地球のどこに住んでいても手を伸ばすことのできるグローバル・セイフティ・ネットの構築は急務です。

 

 海外で今つらい思いをしている方に、金銭的負担をかけずに、手を伸ばしていただきたい。そういう思いで私たちヘルプデスクは、今後もさまざまな機関や支援団体と提携しながら、一人でも多くの方の声に耳を傾けることを続けていきます。 

​代表紹介 秋田まき

 メキシコ在住。

 海外生活は20年。3歳から4年間、父の駐在に伴いオランダで幼少期を過ごす。現地の幼稚園を経て日本人学校へ入学したところで帰国。13歳まで日本におり、中学生で再び家族でオランダへ渡航し、中学時代をアムステルダムのインターナショナルスクールで過ごす。

 15歳で帰国し、横浜市の私立高校をへて早稲田大学に入学。京都大学の大学院に進み、フランスへ留学したのち教育学で博士号を取得。大学院での勉強と並行して、いじめ問題についての専門相談員(カウンセラー)として活動する。

 2007年にメキシコに行ったころから、人生の転機を迎える。大好きだったボディセラピーの仕事を始めて充実した毎日の一方、2013

年にこころの危機に陥り、半年間自ら心理カウンセリングを受ける。ここで、インナーチャイルドや、心の底にあった怖れ、悲しみに出会い、それを癒やすプロセスの中で、自分自身の居場所や、人生の指針がはっきりとわかるようになる。

 その後、まったく新しい気持ちで心理カウンセリング活動を再開。駐在員の子どもとしてや、留学生として、職業人として、そして配偶者の帯同者として、それぞれの海外経験を積み重ねる中で、いつしか海外在住者のこころの問題に注力するように。2013年から2016年までメキシコシティ日本人学校にスクールカウンセラーとして勤務し、TCK(帰国子女)、ハーフ(ダブル)の子どもたちや、親御さんの心理カウンセリングに携わる。

 2016年、心理カウンセラーとして独立。「海外生活・国際恋愛カウンセリング」心理カウンセラーとして、海外全域からの悩み相談を受ける。2018年、「海外こころのヘルプデスク24時」を設立。

 教育学博士(京都大学教育学研究科博士課程)。日本心理学会認定心理士。カウンセリング歴10年。

 

代表あいさつ 

 世界のさまざまな場所で、一人で誰にも悩みを相談できず、孤独を抱える方がいらっしゃいます。

 周りに理解してくれる人がいない。あるいは、心を許せる人がいない。

 そもそも、日本人がいない。日本語を話すことが全くない、など。

 孤立を深め、周りにも気づかれずに、心を壊していかれる方がいらっしゃいます。

 

 今すぐ、日本語で安心して話がしたい。

 ただ誰かに、うんうんと話を聞いてほしい。

 そういう時が、誰しもあるかと思います。

 

 そこで以前から、無料で24時間、いつでも話しかけることのできる「こころの相談室」があったらいいなと考えていました。

 

 さらに、2017年10月、私はメキシコシティでマグニチュード7.2の地震を経験しました。

 しばらくして無料の「震災心の相談ホットライン」を開設したところ、数人の方からご相談が寄せられました。

 公式には、この地震での邦人被害はない、ということになっていました。

 ですが、報道されなくても直接間接に被害を受けた方が存在することがわかり、相談ホットラインを設けることで、そういう方に実際にご利用いただけることもわかりました。

 

 自然災害というような大きな出来事がなくても、海外に住んでいる人はそれぞれ一人一人の人生のドラマを生きています。生きていれば誰しもアップもあるしダウンもあります。

 

 海外で今つらい思いをしている方に、金銭的負担をかけずに、手を伸ばしていただきたい。そういう思いで「海外こころのヘルプデスク24時」を作りました。

​ 幸い志に賛同するたくさんのボランティア相談員に集まっていただき、日々の相談活動が行われています。もちろん私も相談員の一人として待機しています。

 海外在住者のこころのセイフティ・ネット作りはまだまだ始まったばかりです。やりたいこと、作りたいことが、私の頭の中には常時100個以上も渦巻いています。 

 1つ1つ、確実に成し遂げながら、社会貢献をしていきます。ヘルプデスクが10年後、20年後もずっと発展存続していくために、皆さんのご支援を得ながら歩んでいきたいと考えています。

 

 2018年6月4日 秋田まき​

​相談員紹介

 Zoomやメールでご相談を受けている相談員の顔ぶれです。

 

follow US

​未来設定セラピスト

​佐藤なほ

blog

 日本、茨城県在住。大学卒業後は広告デザイナー、教育関連会社勤務後、心のセラピストに転身。本心を大切にしたいコトを叶えながら幸せになるのがモットー。得意分野は未来設定セラピー、自分軸の整え方伝授。魔法の夢ノートビジョントレーナーとしても活動中。

 メキシコ在住歴2年半、2018年秋帰国。

 

一言​:顔をあげて明日は明るい一歩を踏み出せますように。かろやかなあなただけの幸せな人生があります。

 将来の夢はハーブティーカフェをひらくこと。

​ボディワーカー・子どもの姿勢®︎LABO主催

Naoko​

blog

 日本在住。大学卒業後、秘書、子供の英語教室講師を経て夫の転勤で駐在妻を経験。「どこででも生きていける自分のスキルが欲しい」と痛感し、帰国後ボディメイキングのサロン経営を成功するも、2度目の転勤で止む無く中断、子育てと元々身体オタクだった為バレエ、カラダ改造を楽しむ。帰国後環境の変化と更年期が重なり不調に苦しむ中、本格的に体について学ぶ。「人生のどんなステージにおいてもやりたいことがサクサク楽しめるカラダづくり」のメソッドを身につけプラクティショナーとして現在活動中。

一言​:転勤と子育てで途切れ途切れだった私のキャリア人生、偶然と出会い、そして好きなことを楽しむマインドで繋がった今の仕事。人生って面白い!

今辛いことがあったとしても大丈夫!思い通りに行かないことがあっても焦らない焦らない、先の不安を考えるよりも「今、ここ」の自分の気持ちと体を大切に。きっと未来に繋がるヒントがそこにはあります。

​転勤族や女性のための家計の専門家(AFP・2級FP技能士)

​張替愛

 日本(東京)在住。大学で心理学を学んだのち、損害保険会社に勤務。夫の海外赴任(アメリカテキサス州)を機に退職し、独立を決意。海外赴任や全国転勤、働き方に悩む女性など、変化の多い家庭などへの家計に関する個別相談を中心に、オンラインでのマネー勉強会や、各種WEBメディアに記事を寄稿。休日に3歳と6歳の子供と遊ぶのが最高の息抜きです。

一言​:気軽に相談先がない海外での生活。慣れない生活に、慣れない人間関係。時差や言語の壁。私自身も苦しんだ経験があります。

 苦しい気持ちをとりあえず吐き出せる場所になれれば、幸いです。ぜひお気軽にご利用ください!

アメリカICF認証プロ認定コーチ

「人前で話す」ためのスキル専門家

​シッピー・大越彩

 アメリカ ニュージャージー州在住。日本で人材育成・能力開発の専門家として10年コンサルタントの仕事をした後、仕事も家族も友人も全て日本に残したまま、2014年に主人と娘二人と渡米。

 しばらく喪失感にさいなまれたが、2018年にアメリカでプロ認定コーチとなり、海外で住む・働く人たちをサポートするコーチング、また、研修やプレゼンなど人前で話すためのスキルトレーニングをオンラインで実施中。

 休日に家族でモノポリーゲームをするのが大好き。

 

一言​:海外に住むと、日本では直面しなかったような課題に向き合わざるを得なかったり、日本だったら簡単に解決するようなことができなかったり、不便な生活を強いられることも少なくないですよね。八方塞がりだと思っていたことが、人に話すだけで頭の中がスッキリして新たな手段が見つかることがあります。一度お話をしてみませんか?

看護師、勇気づけ講師、女性起業専門コンサルタント

​ロケタミコ

​.

 ベルギー在住。日本で15年看護師として勤務。2014年ベルギー人の夫、息子2人と共に渡伯。その後、勇気づけ講師を取得し、子育て・人間関係・海外生活におけるメンタルヘルスを中心にメール相談や講座を開催している。

 また、夢を実現させたい女性に向けて起業コンサルタントとして活動中(Email)。

一言​:時に孤独を感じ頼れる人は誰もいないと感じることがあるかもしれません。でもあなたは、1人ではないですよ。私たちがいます。勇気がいるかもしれませんが、あなたの今の気持ちをお聞かせくださいね。お待ちしています。

.

Kanako​

​.

 アメリカテキサス州在住。

 大学卒業後、日本で営業、マーケティング職を経た後、国際結婚。駐在帯同のため2011年より中東、ヨーロッパ、アメリカに居住。海外生活中、妊娠、出産を経験。現在2児子育て中。

 現在は、子育ての傍ら、現地企業での勤務、傾聴カウンセリングをしています。世界のどこにいてもで

き、通用する自分のキャリア道を模索中です。

一言​:海外での生活は、日本では経験できないことをたくさん経験できるという、面白さや良さはあるものの、慣れ親しんだ母国とは環境が違う違う故での、大変さ、つらさ、悩みが出てくることが多々あるかと思います。

つらい時、迷ったとき、どうしていいかわからなくなったときは、どうぞお気軽にご相談ください。お話することで、皆さんの心が軽くなって、現地での生活がより快適に幸せなものになるようお手伝いができればと思っています。

心理カウンセラー

発達科学

コミュニケーショントレーナー

吉田エイミー​

​.

 東京都出身。ベトナム在住。アメリカ留学・海外駐在3カ国(香港・マレーシア・ベトナム)在住18年。

 アメリカ・ノースイースタン大学カウンセリング心理学修士過程修了後、日米で心理カウンセラー、スクールカウンセラーとして活動。日本では日本へ赴任する外国人駐在員ファミリーのサポート業務にも従事。マレーシア在住時は、教育移住・学校見学アレンジ留学相談、子育て相談等に携わる。現在は子育てに悩むお母さんが笑顔になれるようオンラインでサポート中。

一言​:海外子育ては選択枠が多いことで悩むこともありますよね。でも「ぜいたくな悩み」と言われることもあり、言いづらいこともあるでしょう。相談内容を気にせず、こちらでお話してみませんか?気持ちが楽になるお手伝いができたら嬉しいです。

自分とケンカしない、自己肯定感を共に育む

アメリカ在住ヨガインストラクター

Tommy​

blog

instagram​

@bliss_yoga_with_tommy

 夫の転勤で2015年よりテキサスに在住。アメリカで不妊治療を経験し、治療を止めたとたん双子を自然妊娠。その後流産を経験し、双子を育てるために使うはずだった時間を有意義に過ごしたいと決意し、独身時代にかかったうつ病を克服させてくれたヨガのインストラクターの資格をとり現地で活躍。10年以上来の夢を思いもよらず異国でかなえる。以降、自身のうつ病克服の経験を生かし、自分とケンカしない、自己肯定感を育むお手伝いをするヨガインストラクターとして現地で活躍。現在は英語力・専門知識を深めるため、大学に入学し勉強中。妻、一児の母、ヨガインストラクター、大学生として、多忙ながら充実した日々を過ごす。

一言​:起きた出来事を変える事はできませんが、どう反応するかは自分次第。あなたがもし今辛いと思っていることがあったとしたら、それは実は人生が好転するほどの素晴らしいターニングポイントなのかもしれません。ここで話してみることで、自分の思いに気づき新たな発見があるかもしれませんよ。じっくりお話を聞かせていただきますので、ぜひ気軽に話に来てくださいね。

ハワイ東海インターナショナルカレッジ リエゾン

なな​

 日本ではカウンセラーとして25年ほど仕事をし、グリーンカードが当だったことで、2011年3月末に娘とホノルルに移住。1年後に息子が加わる。ブラジルからの帰国子女で一番海外に住みたかった夫は、まだ日本にいて、かれこれ10年通い婚状態。初めての海外暮らしで、言葉、文化で苦労すると共に、「仕事が無い」ことがこれほどまでに大きくアイデンティティに影響することを思い知る。楽園ハワイのはずが、予想を大幅に超えて日本と日本語の喪失体験。東日本大震災後だったこともあり、楽しめるようになったのは、最近のこと。知人より、面白い事やってるところがあるよ、とヘルプデスクを紹介され、これまでのカウンセリングの経験がお役に立てられればと思い、参加。

 現在、ホノルルにできた日本酒醸造蔵で手に入る酒粕でパンを作ることにハマっている。オーガニックファームからの野菜の共同購入も楽しみ。

一言​:「聴く」ことのパワフルさに思いを新たにしています。

幼児教育​、

ファイナンシャル・

アドバイザー、

学校での

​ボランティア活動

Love Education

​.

一言:毎日悩みは尽きない、でも道はある!と思うので、まずあなたのことを聞き、何か違う視点に立てるようなアイデアを伝えたり、共感したり、そんな会話ができたらと思います。

 アメリカカリフォルニア州在住。

 子育てをしながら学校教育に関わる指導やボランティアを主体に、日本人向けにファイナンシャルアドバイザーとしてカウンセリングをしています。

​フィットネスと

手作り大好き

​弱点は甘いもの

Sumati

​.

一言:生きていると色々あるし、しんどいこと、解決できないこともいっぱい。でも誰かと話してみてちょっとすっきりしたり、なんとかなるさと思えたり、そんな場所を提供したいと思っています。

 幼少期から父の仕事の関係で日本・中南米・欧州6カ国を転々とした元帰国子女。

 日本社会に馴染めずシンガポールで就職、国際結婚・出産を経て現在はアメリカのテキサス在住。現地で日本人ママをサポートするコミュニティを運営中。
 子育ての傍らあみぐるみ作成とヨガの時間を確保すべく奮闘中。

​.

ショコ

​.

一言海外に住む前は想像もしていなかった悩みが住んでみるとありますよね。

 一人で抱え込まずに気軽に声かけてくださいね。

 タイ バンコク在住

 アメリカテキサス州の大学卒業。

 帰国後、就職・結婚・出産を経験し、

現在バンコクで2児の子育て中。

 留学と駐在妻という違う立場を経験し

それぞれ悩みが違うな~と実感中。

元小学校教諭

現在、海外で2人の

​子育てx専業主婦

​えむ

blog

一言誰かに話すことで,気持ちがすっきりしたり、新たな自分の思いに気づいたりします。あなたのモヤモヤを一緒に整理しましょう。

 2017年4月より、夫の海外駐在に帯同。

 日本では2回の転職後、実質約10年間小学校教諭として勤務。

 2人の子育て、精神病(現在は完治)の経験あり。前職の影響から、学校、子供、ママ、先生の関係をよりよくしたい、と考え中。

 本帰国後、その思いを形にすべく、

ボランティアやブログ発信を続けています。

キャリアコンサルタント

ファイナンシャルプランナー

コラムニスト

mary

一言:住んでいる場所、立っている位置が変われば、見える景色も変わるもの。うまくいかなくても、深呼吸して、またやり直せばいいのです。そんな時、私達はここにいます。

 夫のブラジル転勤を機に、長年勤務した会社を退職し、フリーランスになる。ミドルからのキャリアチェンジという自らの経験を活かし、カウンセリングを通して、誰もが柔軟にライフキャリアを実現できる社会を模索中。旅行会社にいた香港に次いで2度目の海外生活。キャリアカウンセリング、国家資格試験実技(面接)対策、セミナーなどご希望の方は、メールにてお問い合わせください。

翻訳者、リスナー。カウンセリングを

勉強中。

Tomomi

一言:自分がどうしたいのか、なぜその気持ちになったのか、などの答えは必ず自分の中にあります。自分の気持ちに寄り添うお手伝いができたら嬉しいです。

 オーストラリア・シドニー在住。外資系金融会社人事部で秘書⇒フロントオフィス担当として勤務した後、2000年にスコットランド人の婚約者(現夫)の転勤によりシドニーに移住。現在夫、娘2人、猫2匹との4人と2匹暮らし。

 2017年に傾聴+NVC+コーチングの要素を取り入れたブライト・リスニングを学び、リスニング・ママプロジェクトでもリスナーとして活動中。

ライフコーチ

トランスフォメーションコーチ

​人生のタイムマネジメント/ビューティライフダイアリー認定アドバイザー

​マコ

​.

一言:一人で悩んで頭の中でぐるぐる考えている内に実は小さな問題も複雑に膨らんでしまう場合があります。話す事によって心が軽くなり気持ちの整理ができたり気づきを得たりする事は多々あります。どうぞお気軽にヘルプデスクをご利用くださいね。

 豪州在住。ファームに直接卵を買いに行く田舎生活を満喫中。海外暮し20年、住んだ国6ヶ国(13都市)引越30回以上の移動人生。ブリティッシュコロンビア大学卒(心理学)キャンベラ大学保健科学部カウンセリング修士課程在学中。カナダDV対策機関、アメリカ難民支援機関女性エンパワーメントプログラムでボランティア経験有。

.

​ サイマズ陽子

​.

一言:

トルコでイスラム教を信仰しています。

海外に住んでいると文化や信仰の違いで戸惑うことも多いと思います。

でも、郷に入っては郷に従え、と思うあまりに自分を見失ってしまうと辛いですよね。

皆がそれぞれに自分をバランスが取れると素晴らしいと思います。

ちょっと疲れちゃった時に日本語でお話して元気を取り戻してくれたら嬉しいです。

 トルコ・カッパドキア在住。

 大学卒業後、音楽業界でレコード会社営業や音楽事務所でマネージャーなどを経験。

 国際結婚でトルコに移住、現地では旅行代理店に勤務。

 現在、仲間と日本人向けのトルコ個人旅行専門代理店を経営しています。

一児の母。

YouTubeでトルコの旅情報を喋っています。「おじゃぴぃトルコ旅の情報チャンネル

.

​ Michiyo

一言:国際結婚を機に海外生活30年。

2人の子育て、就職、ドイツ語習得、人関係など、楽しい経験、辛い経験、外国に住んでみなければ分からないいろいろな経験をしてきました。そして今、多くの人に伝えたいことは人生は自分が創っている世界です。

今、望む人生を送っていないと感じていても大丈夫!

あなたは人生をもっと自由に、豊かに、軽やかに自分でこれからも創り上げて行くことができます!

 ドイツ在住。

 臨床検査技師。医療専門通訳。

 海外生活心理カウンセラー。

 海外ライフスタイル・コーチ。

 レイキヒーラー。

オンライン講座構築

アドバイザー

​ おおせみちこ

一言:言葉のわからない国での子育て、辛いこともたくさんありました。少し日本語でおしゃべりできる場所があったらよかったのにと思います。辛い気持ちを話すだけで楽になることがあります。一人で悩んでいないで、お話ししにいらしてください。

 スイス、ローザンヌ在住。

 14年間の専業主婦の後、スイスのIT企業に就職。2016年独立し、Zoomを使ったオンライン講座構築アドバイザーとして活動を開始。住んでいる場所に縛られない自由な働き方をしたい女性(たまに男性も)を応援しています。

​アンバセダー紹介

 世界各地でヘルプデスクに共鳴し、活動を広める役割を担ってくださっているアンバセダーの顔ぶれです。

NVC SINGAPORE

代表理事

​ミキアムリタ

 シンガポール在住、横浜生まれ、事業家の両親に育てられ16歳で渡米。高校から大学院までアメリカで過ごす。大学在学中に起業し横浜中華街に体感型美術館「白龍館」をオープン。28歳で吉本興業と「おしもとおもしろ水族館」(現在:よこはまおもしろ水族館)を始める。NVC(非暴力コミュニュケーション)の教えとセラピーとコーチングを融合させたセルフ・リーダーシッププログラムを軸に海外ママの「使命」と「愛」をサポートしている。

一言​:シンガポールで起きた母子自殺という悲しいニュースを聞き、このような事が起きる前に海外にいても日本語で気軽に相談できるライフラインをスタートさせたいとシンガポールでインフラを整えている時に彗星の如く現れた「海外こころのヘルプデスク24時」との出会い。運命的に頂いたこの広報のお仕事は、真っ暗闇にいる人が必要な時に思い出せるように「あの、北極星がここにありますよ!」と知らせて回る事だと認識しています。